なおみカムバック 大坂なおみ優勝



大坂なおみ (世界ランク4位)が、世界ランク41位のアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)を6―2、6―3で破り、1月の全豪オープン以来のツアー4勝目を飾った。3歳まで大阪で育った大坂の地元勝利だった。 #拡散希望

「最近2カ月ぐらい調子が上がらない中で、ここで良い結果が残せたことに運命を感じている」

大坂は世界ランキング1位となってから自分のスタイルを見失っような戦いの日々だった。今夏の全米オープン後にジェンキンス・コーチとの契約を解消し、父・フランソワ氏をコーチにした。女王らしい高いラベルのゴルフをしょうと高望みをしていた大坂は、父とともに「自分らしいテニスをする」という原点に戻っての勝利だったという。
東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント最終日)

スクリーンショット (535).png

スクリーンショット (534).png


この記事へのコメント